Q&A

Q.工事の対応地域は?

基本は関東圏ですが、当社は大阪にも支店がございますので関西圏も可能です。
またご要望に応じて全国対応も可能です。

Q.ピアノ防音室を検討しているのですがマンションでも可能でしょうか?

分譲マンションであれば問題ございません。事前に管理組合に対しての工事許可申請や近隣様へのご挨拶等も含めて全て対応させて頂きます。

Q.木造戸建住宅でドラム室を検討しているのですが可能でしょうか?

問題ございません。新築の場合は施工される工務店様と御打合せをさせて頂き進
めさせて頂きます。
また、現在住まわれている状況であっても施工は可能です。
※24時間演奏の場合は要打合せとなります。

Q.施工期間はどのくらい必要でしょうか?

使用される楽器や施工面積によって様々ですが、6帖のピアノ室や管楽器対応の防音室の場合は実働で約2週間程必要です。
また、6帖以上のドラム室やバンド対応の防音室の場合は約3週間程必要となります。

Q.音場に拘りを持っているのですが対応は可能でしょうか?

当社では現役のプロミュージシャンや音響エンジニア、レコーディングエンジニア等と連携を取っております。
お客様が使用される楽器をお聞きした上で、その専門者を現場に派遣しヒヤリングを実施して音場つくりを実施する事も可能です。

Q.水廻りや造作工事、内装工事などのリフォームも可能でしょうか?

問題ございません。
防音工事を実施しながらほかの部屋のリフォームも問題なくお請けする事が可能です。

Q.施工事例はどのくらいあるのでしょうか?

当社は全国で年間約90件以上の防音工事を実施させて頂いております。
当社は元々大手・中堅防音工事会社の協力会社として施工を実施いたしております。
その関係上一部工事実績を掲載できませんがヒヤリング時に紙面にて実績をお見せする事は可能です。

Q.万が一契約時の防音性能に達しなかった場合はどうなりますか?

工事前の状態に戻し全額返金するか或いはそのままで全額返金もしくは無償で再度の防音工事を実施させて頂きます。
アフターケアーに関しましては、万が一問題が発生した場合は迅速に対応を致します。

Q.2階以上に防音室は可能でしょうか?

基本可能ですが、木造住宅でピアノ室や楽器対応防音室を2階に設置を予定の場合は建物の耐荷重の確認が必要となります。
ドラムやベース等の低周波対策が必要な防音室は木造住宅の2階以上はお断りさせて頂いております。

Q.火災報知器やスプリンクラー等の対応はどうなるでしょうか?

戸建住宅やマンションにおいて、既存天井に火災報知器が設置されている場合防災担当者にて対応させて頂いております。
また、テナントでのライブハウスや業務用スタジオなどでは建物管理者との協議の上で実際致しております。
消防との事前協議から検査まで当社一括で対応が可能でございます。

Q.ライブハウスでの防音工事で音響や照明設備等の設置は可能でしょうか?

当社では、音響、照明、舞台すべてにおいて協力体制を整えております。
ステージ廻のメインスピーカーから返しモニター、卓周りの音響プランニング、照明では灯体、ムービングの設置、舞台では緞帳やバトン、映像機器やスクリーンの設置、施工も可能でございます。

Q.防音室の基本料金はいくらぐらいになるでしょうか?

当社ではピアノ室で6帖の場合はD-50以上の性能で約\1,600,000(税別)~となりますが近隣や建物の躯体の状況によって変動致します。
ドラム室の場合は、D-60以上の性能が必要ですので浮構造の遮音壁が2層必要となり、床もコンクリートを使用しての湿式浮床となります。費用は基本約¥2,000,000~となりこちらも上記同様事前の現場確認が必要となります。
また、24時間演奏をご希望の場合も事前に綿密な計画が必要となります。
ライブハウスや業務用のスタジオ等は要打合せとなります。

Q.賃貸マンションに住んで居るのですが防音室の設置は可能でしょうか?

基本問題ございませんが、家主様の許可が必要となります。
賃貸の場合はご退去される際に原状復帰が基本条件となるかと思いますが、当社では原状復帰を想定した当社オリジナルのパネル型防音室をご提案させて頂いております。
パネル工法ですので既存の躯体や壁に傷をつけずに施工が可能で、工事期間は2畳用で約5日もあれば納品が可能です。

Q.お見積もりをお願いしたいのですが、費用は必要でしょうか?

基本お見積は無料となっておりますが、関東圏、関西圏外の場合は交通費のみ別途ご請求させて頂いております。

お問い合わせはこちら